一時支援金事前確認

おはようございます。先日、一時支援金の相談で江東区まで行ってきました。江東区って通過することはあっても普段ほとんど行くことのない地域です。新宿辺りは結構坂道があって自転車やとちょっとしんどいなってところがままあるんやけど、江東区は水害が発生したときには危ないから逃げてくださいといわれているくらいの場所なんで、ひたすら平地が拡がっている感じやった。道路も結構整然としててわかりやすい。

目的のお店は古くからの大衆食堂。今は大衆食堂ってほとんど無くなってしまったが、今でも地元密着でやってるそう。そんな風に年期がはいったようなお店なんで経営の実態がどうのこうのっていうのは調べるまでもなく、一目瞭然。いろいろお話をお聞きしてたら、すでに時短の協力金を支給して貰っているってことで一時支援金は無理やったんやけど、地元の商店街の話とか、居抜きで若い経営者が入ってきて街の様子が変わってしまったとか、いろいろお話ししてくれて有意義な時間を過ごせたなって思ってます。

商店街っていろいろなお店がそろってないとお客さんも来ないよなって思うけど、一つ一つのお店は独立してるから辞めるのも勝手。お店が歯抜けになり、商店街かマンション通りかわからんようになってきて、ますます人通りも少なくなってると言ってた。

当事務所がある大久保周辺は商店街っていうよりも観光客向け商店街。もっというと観光地になってるから人通りは激しい。緊急事態宣言が出ようが出なかろうが人通りは激しい。お客さんがどこから来るんかわからんけど、いつも混雑してる。

さて、今日は金曜日。お客様のところへ資料を取りに行って、ついでに都税事務所で固定資産評価証明を貰ってくるのと、午後は一時支援金の相談で荒川区へ。昨日より涼しいから動き回るにはいい季節やね。

2021年一時支援金の事前確認始まってます

おはようございます。

確定申告の季節です。本来なら終了しているんやけど、昨年に引き続いて今年も4月まで延長されてますね。だからってわけやないけど、まだ少し残ってます。

それはさておき、一時支援金の給付が始まってます。今年は事前確認を専門家に依頼する必要があるなど、昨年に比べて厳しくなっています。よっぽど不正受給が多かったんやろうね・・・。

3月8日から事前確認が始まっており、当事務所にもいくつか事前確認できませんかとの連絡が入ってきてます。当然ながら一見さんが多く、事務局からはオンライン確認でも事前確認可能だといわれてるが、事業実態を把握するため訪問確認とさせていただいてます。

確認者としては確認した事による番号を発行するだけなんで、適当に確認して番号だけ発行することもできるんやけど、事務局から睨まれたらこちらにもペナルティーがあるんですよね。通帳の記載とか確定申告書とかオンラインで見てもなぁってことで一律訪問確認としてます。

前回の支給は2週間から3週間で支給されたが、今回も早めに支給するようです。知人の行政書士によるとすでに支給されたケースもあるようですね。

住所変更(順位番号後記のとおり)うまくいったみたい

おはようございます。3月になって最低気温が上がってきてるような気がする。

先日、住所変更(順位番号後記のとおり)についてブログを書いたが、その結果特に補正も無く登記が完了しました。木曜日には完了したって連絡があったが、還付書類が返送されてきたのは土曜日。うまくいってほっとしてますが、お客様へ登記識別情報などを送付して完了です。

ところで3月8日から一時支援金(緊急事態宣言の影響緩和)が始まっています。個人事業主30万円、法人が60万円。昨年も同様の給付金があったが、不正な申請が多かったみたいで、今回は事前チェックが必要となってて、このチェックがないと申請できない仕組みになってます。

東京都の行政書士は東京会経由で事前確認のメンバーとして登録しており、当事務所でも毎日1件くらいの問い合わせがあります。だいたいはいくらくらいの費用がかかるのかということですが、これは行政書士によってまちまち。

結構チェックする項目も多いし、なによりも不正を見逃してしまったときのペナルティーが結構厳しめになってるんで、ある程度の報酬はいただくところが多いんやないかなって思います。

Biz新宿での相談会

こんにちは。今日も比較的暖かい。来週はまた寒くなるみたいやけど。

先週、西新宿にあるBiz新宿で無料相談会があり、相談員として参加してきました。事前予約制になっていて、直前まで予約が入らなかったためキャンセルになるかなって思ってたんやけど、全日締め切り直前に予約が入ったみたい。

一般的な無料相談会は新宿区の出張所などで定期的に開催しており、僕も高田馬場にある戸塚出張所では月2回相談員をやってます。そこでは相続や後見人の相談が圧倒的に多いんやけど、biz新宿でやる相談会は、相談内容ちょっと違うことを想定してます。

っていうのも、そもそも産業振興課に来られる方は、創業融資の補助とかを求めてくる方がほとんどなわけで、そこで相続とかはあんまり考えられんからですね。

今回来られた方は接客業をされてる方で、お客がコロナ禍で減ってしまい資金が底をつきそう。新宿やその他の相談所にいろいろ回ったけどどうもうまく解決できなくってどうしたらええんでしょうか?と藁をも掴む感じで来られたようです。

こちらとしても、運転資金がショートしそうやから、融資を受けるために計画書作成サポートしてくれっていうんであれば、問題なくお手伝いさせていただきますが、お客が減ってしまってどうしたらっていうのは専門外なわけで、ちょっと返答に困ってしまいました。

融資を受けるにしても、いずれは返さんとアカンわけで、そうなってくると資金計画なり事業計画なりがやっぱり必要になる。例えうまく書面に落とせなくっても、頭の中ではなんらかの想定をせんとアカンわけ。今回もお客様が減っているならどうやって見つけるかとか、どういうやり方で事業を展開するのかっていうことを経営者が考えなアカン。そこにアイデアを出すことはできるが、最終的に判断するのはやっぱり当事者である経営者なわけ。

そして、アイデアを出すことを求められるってことはいわゆるコンサルタントなわけで、やっぱりそれ相応の費用がかかってくる。資金繰りが厳しい中で、そういう費用を捻出するのかっていう判断が求められる。そんな一般的な話で終わってしまったが、今後もコンサルを求めるような同様の話になってきたら結構厳しいかも知れんね。

持続化給付金

こんばんは。最近少し涼しいのが続いてたけど、今日は久しぶりに暑かった。といってもうだるような感じやなくってまぁ暑いかなってくらいやったけど・・・。

今週は細かいお仕事というか、お仕事に繋がればいいよなっていうお仕事の種がいくつかありました。そのうちの一つが持続化給付金の申請サポート。

持続化給付金を申請したいという外国人への説明で埼玉県まで行ってきました。飛び込みで連絡が来たわけやなくって、知人の行政書士先生からの紹介です。この先生は入管を主に扱ってる方ですが、給付金や会社関係はなさっておらず、こちらへ連絡が来た次第です。

埼玉県の所沢に事務所があり、雨の中、西国分寺から武蔵野線ってのに乗り換えて行って来ました。新宿からは小一時間かかります。この方は日本で法人を作って事業をやっていたが、このたびの武漢肺炎騒動で仕事がさっぱりできなくなり、今は自宅から動いていないとのことでした。

会話は半分英語、半分日本語って感じである程度できるが、読みが結構大変らしく、申請するためにはどうしても専門家に頼らなアカンやろうなっていう状況でした。

それにしてもこちらも専門用語の英語って知らんことだらけ。手元にスマホを置いてgoogle翻訳を見ながら会話してたからなんとかなったけど、確定申告とか、税理士、住民票とかも英語でどういうのって感じ。

今回は持続化給付金の申請と融資サポートをお願いしたいということで、だいたいの費用と準備して貰うことになる資料の説明をさせていただきました。追って最新の登記事項証明書などをメールで送って貰うようにお願いしてるんやけど、金曜日時点まだこちらに届いてないですね。こちらからせっつくわけにも行かず、もう少し様子見でしょうか。

少しずつ経済は動き始めていますね。

給付金・協力金支援は低調です

こんにちは。今日は一日雨。しかも結構激しかったりしてます。本格的な梅雨で、気温は低めながらも湿度が高いため気持ち悪い。

昨日、高田馬場にある新宿区の出張所で無料相談会に参加してきました。6名の方が相談に来られたんですが、新型肺炎による支援関係は1名。ご自身で申請されたが、どうもうまく行かなかったというようなことを言われていました。

確定申告書類を作成されている方やったんですが、この方の場合実態が違ってるらしいんですね。税の関係でちょっと書き方を工夫されてると思うんやけど、一旦確定申告の書類に書かれて提出されてしまってたら、いくら実態が違っててもそこに書かれた数字を変更することができるわけもないんですよね。

また確定申告書類を作成されていないような方が相談に来られるのかと思ってたんやけど、実際にはそういう方はまったく相談に来られなかったのもちょっと肩透かしをくらったような感じです。持続化給付金はまだまだ継続しているし、東京都の協力金は第2弾も始まるんで、今後は少し相談者が増えるんかな?

それにしてもここ3日連続で武漢肺炎の感染者が20名を超えてる。そんな状況で、ステップ3に進んでもええんかなってちょっと疑問なんやけど、大丈夫なんかな?今日みたいな天気やったら休日でも人出が減るんで、週末限定でもええから雨になって欲しいって思ってます。

持続化給付金支援

おはようございます。昨夜から涼しい風が吹いている。とても気持ちい季節やね。

さて、持続化給付金の申請である。行政書士新宿支部でもサポートするような体制を組んで、区役所等で周知し始めているが、まだまだ反応は薄いような気がする。売上が前年同月に比べて半分以上減った月があれば可能性があるんやけど、対象は今年の1月から12月。これからの月が減るってこともあるんでまだまだ様子を見ているということなんかも知れん。

給付金のサイトなどを見れば詳細載っているが、基本的に下記書類がそろっていれば問題ない。

  • 確定申告書別表一 1枚
  • 法人事業概況説明書 2枚
  • 2020年の対象月の売上台帳など
    経理ソフトから抽出したのでOKです
  • 通帳のコピー(支店番号や支店名、口座番号なんかが分かるもの)
    表面と1ページ目でOKです

先日、知人から何件か相談があり、上記書類が必要やでって伝えたら、「わかった。なんとかなりそう」とのコメントばかり。確かに普通に確定申告していたり、帳簿をつけてるとそんなにハードルが高いわけやない。さっさと自分で申告できるレベルやと思う。

相談に来られる可能性が高いのは、上記書類が揃わんって方ばかりになりそうな気がしてる。まぁ確定申告してたとしても白色申告で帳簿も手書きとか。そうなってくると、確かにどうしたらええのかわからんってのも頷ける。

今週の金曜日(6月12日12時~16時)、高田馬場にある新宿区役所の戸塚出張所で無料相談会があり、今回も相談員として参加します。そういう例外ケースの人が相談に来ることを前提に準備しておく必要がありそうです。勿論、コロナ関係以外の通常の相談も受け付けてますので、ご都合が合えば参加ください。

高田馬場で無料相談会

こんばんは。

午前中、お客様のところへ行ったときは曇ってましたが、午後に行政書士新宿支部の事務局へ出かけたら途中から霧雨になってしまいました。

明日、高田馬場にある新宿区の戸塚出張所で無料相談会があり、僕も相談員として参加することになってます。通常は4階にある談話室をお借りしてやってますが、今回の相談会は1階ロビーでやることになるとのこと。また相談員はマスク着用で、机の上に透明な間仕切りも準備しての対応となります。今日はここで使う間仕切りを事務局へ取りに行ってきたんですね。

さて行政書士による無料相談会は新宿区の区役所出張所で定期的にやっていたが、ここ暫くは武漢肺炎の影響で中止になってました。緊急事態宣言解除に伴っての再開となり、今回は基本的には給付金関連の相談が多くなるんやないかなって思ってます。特に都に提出する資料を専門家にチェックして貰うとスムーズに事が運ぶってことになっているので、そのご相談が一番多いかも知れませんね。勿論それ以外の一般的なご相談も大丈夫です。

ところで先日、「持続化給付金」について創業からまもない事業者の支援を求める声が相次いでいることなどから、政府は支給の対象に含める方向で調整に入ったとのニュースが流れました。

「持続化給付金」は、売り上げが去年よりも50%以上減少していることが申請の要件となっていますが、今年創業したばかりの事業者は去年の売り上げと比較ができないため支給の対象から外れる形となってました。

新たに対象にするのは、ことし1月から3月末までに創業し、事業者が決める特定の月の収入が3月までの収入の平均よりも50%以上減少している事業者のようです。どうなるかわからんけど、これで救われる方もいらっしゃるのではないかと思います。これ詳細まだ分かってませんが、近々公開されるんやないでしょうか?

コロナ対応支援

こんにちは。今日は夏日(やと思う)。

午前中に行政書士新宿支部の3名でBiz新宿へ訪問してきたが、ものすごく日差しがキツい。出かけるときは曇っていたんやけどなぁ・・・。午後にも出かける用事があるんでちょっと辛い。

ところで世間では今日から本格的に仕事復帰ってところも多いんでしょうか?といっても知人の会社では週2回の出社のようですけど。それでも電車は混み出してるんやろうね。

Biz新宿では制度融資の書類を持参して訪れてた人が結構目につきました。僕も何度か制度融資のために行ったことがあるんやけど、そのときは割と閑散としてて、混んでるイメージがなかったんやけど・・・。

この後も別件のお客様からやはり支援書類についての問い合わせがあり、説明に伺うことになっているし、やっぱり何らかの支援を求める人が予想以上にいらっしゃるんでしょうか。一口に支援っていっても、持続化給付金以外はそこそこハードルが高いんですね。時間もかかるし・・・。もっとスパッとわかりやすく簡潔な書類提出で配ってくれるとありがたいんやけど、そもいかんねやろうね。

協力金・給付金支援活動スタートします

こんばんは。少しずつ日常を取り戻してきてるんでしょうか?なんとなくそんな感じを受けます。というか単に自粛生活が平常になりつつあるだけなんかも。

昨夕、久しぶりに新宿支部の事業支援委員会の打ち合わせをやりました。打ち合わせ自体がものすごく久しぶり。勿論、面と向かってやると三密に反するためzoomを使ったものですけど。

先日、新宿区役所で町内会の方向けに武漢肺炎に搦んだ公的な支援などの説明を行ったが、そういう相談が今後暫くは増えていくことが予想され、そのための窓口を行政書士新宿支部でどうやっていこうかということを話し合いました。

東京都の感染拡大防止協力金と持続化給付金についての書類作成支援が主な取り組みです。申請するに当たって、確定申告をされている個人事業主の場合は比較的スムーズに資料集めが出来ますが、そうでない場合は資料作成が結構大変なんです。ここをサポートしていこうということです。

ただ、新宿支部で活動始めましたって宣言しても、誰も知らないし、通常は区役所とか都庁など公的機関に問い合わせるはず。まずは新宿支部でそういう支援活動をやっているということを区の方へ連絡して極力周知に協力していただくことから始めようとしてます。

このブログをご覧になった方で、書類作成の支援が必要な方は行政書士新宿支部事務局までご連絡ください。