相続土地国庫帰属制度もうすぐ

 こんばんは。1月もいよいよ終盤。来週の半ばから2月。寒さはいよいよ佳境へ。事務所が古いビルに入っているせいかものすごく寒い。エアコンを回しててもなかなか暖まらない。たぶん断熱性能が低いんやろうね。

 タイトルにもあるように、今年の4月から相続した不要な土地を国庫に帰属させる「相続土地国庫帰属制度」が始まります。いろいろと制約はあるものの、まったく使いでのない土地は引き取って貰うのが治安の面からも一番ええと思う。いくら固定資産税が安いからっていってほったらかしてて知らんうちに不法投棄されたり、悪人のアジトとかになってたりするとイヤやしね。

 この制度、基本申請は本人申請やけど、書類を作るのが困難な場合は専門家にお願いすることも想定されている。で、その専門家は弁護士・司法書士・行政書士というように規定されました。東京都行政書士会でも宮本会長がことあるごとに強調されてるからご存じの先生も増えてきてると思います。

 特に特定行政書士は不服申立できるから、書類作成段階から積極的に関わって行ければなぁって考えてます。まったく使えんって言われ、実際に使える状況もないため取得者数もそれほど増えなかった「特定行政書士」の資格。ようやく日の目を見た感じやね。でも蓋を開けてみたら・・・やっぱり使えんかった・・・ってのありそうで怖いけどね。

寒い!

 おはようございます。今日は1月23日。既に下旬に入ってる。先週土曜日辺りから急激に寒さが増した気がしてる。一年で一番寒い時期やね。事務所は古いビルに入ってるから当然暖房効率も悪いし、そもそも窓の閉まりが悪い!土曜日からビルの大規模修繕が始まったらしく、足場が組まれ始めてるが、ついでに外断熱にしてくれへんかなぁ・・・。まぁ無理やろうけど。

 昨年の秋頃から、車庫証明を仕事にしようと思って事務所のサイトを構築したが、鳴かず飛ばずの状態が暫く続いてた。そんななか先週岐阜県の行政書士事務所から連絡が入り、車庫証明を代わりにやって欲しいとのこと。漸く日の目を見た。やっぱりサイト構築が広告の王道かなと考え直し、また事務所のホームページの作り込みを一生懸命やりなおししてる。

 頭の中に書くべきネタがあっても、それを文章や図表にまとめるんが結構しんどい。ある程度まとまったものを見て、ああやこうや指摘したり修正したりするんは割と楽なんやけど。昔、大企業に勤めたとき、部長とかがプレゼンするための資料をいっつも作らされてたが、そういうことなんやね。

 そういう作業をこなしてくれる部下も、ある程度同じくらいの知識がないとアカンから、大企業でもない限りは難しいよなぁ。いったんそこまでできてしまうと後はサイトにコピーしていくだけなんやけどね。

2023-01-23 | カテゴリー : 業務関係 | 投稿者 : hiro

もうすぐ大晦日!

 こんにちは。今日は12月30日。明日は大晦日。なんかあっという間に1年経過してしまった。夏頃には司法書士の案件で忙しいなか、コロナ第7波に感染してしまったりしたが、もはやずいぶん昔になってしまった感じがする。その第7波は僕が感染した時期をピークにしてその後収束し、今は第8波が急激に増えてきてる。この年末から春節にかけてどうなるんかという状況。ロシアがウクライナに侵攻したり、安倍さんが暗殺されたりと振り返ってみたら激動の1年やったかもしれんね。

 さて、年初に外国人向け許認可についての動画を、英語で撮影しようと計画して実際にいくつか実行したんやが、その後あんまり効果も見込めなくなし崩し的に中断してしまってるものがある。続きはやりたいんやけど、それよりも事務所スタッフの仕事を考えんとアカン状況になってきている。

 日本語で完結する仕事っていうことで車庫証明取得しまっせっていうページを作成したりもしたんやが、いまのところパッとせぇへんのよね。どういう分野を攻めたらええんかとか研究したり、ネットや動画を参考に営業というかマーケティングをやってるが、なかなかこれっていうのに当たらんね。それでも立ち止まることなく次の方策を考えて実行するしかない。これはなかなかにしんどい。

今年も終わりが見えてきたなぁ

 おはようございます。12月に入って1週間、かなり寒くなってきた。ここ2、3日日中は少し暖かいが、朝晩はかなり寒い。昨日日中打合せで外出したときは割と暖かかったけど、夕方研修が終わって帰るときはかなり寒かった。

 さて、今日は行政書士新宿支部の無料相談の相談員をやります。高田馬場にある新宿区役所の戸塚出張所の4F。12時から16時までやってるので、お越しください。予約は不要です。

 10月くらいから少し入管の仕事が落ち着いてきてて、他の分野に手を出そうと試行錯誤していることはブログなんかで発信しているが、なかなかすぐに効果がでるってもんやない。車庫証明の方もサイトを見てくれる方はいるにはいるようやけど、まだ成果には結びついてない。ホームページ作成したらおしまいとは思ってなかったけど、それでもやっぱり反応ゼロってのは辛いなぁ。今日は事務所スタッフに外回りしてもらってるが、そちらの方から引き合いがあったらええんやけどね・・・。他の先生が忙しくて手が回らんときにお声がけくださいってうたっとるしね。

 今日は新宿支部の忘年会。久しぶりの東新宿や。

2022-12-09 | カテゴリー : 業務関係 | 投稿者 : hiro

外国人登録原票の代理請求

 おはようございます。今日も暖かいですね。

 先日、不動産共有者である姉の名義を変更して欲しいというご依頼がありました。お姉さんはもともと在日やった方なんやけど、少し前に結婚して米国籍になり、今では米国在住されているとのことです。

 最近やと在留カードが発行されてて住民票も発行してもらえるんやけど、少し古くなるとそういう制度もなく、住所の変更や氏名の変更を証明する書類を用意するんが少し大変になってくる。具体的には、住所を追跡するための書類として外国人登録原票を請求する必要があるわけです。

 この外国人登録原票っていうのは在留管理庁に開示請求をすることになるんやけど、いままでは本人(あるいは法定代理人等)からしか請求ができんかったんですね。それが、今年(令和4年)4月1日から任意代理人からも請求が可能となっています。このあたりは入管を専門でやられている行政書士センセやったら誰でも知っている情報ですね。

在留管理庁のページを見てもどういう書類が必要なのかということが今ひとつわからんところもあったんで電話で確認してみました。

本人が外国にいて印鑑登録していない場合、

1.委任状

2.パスポート(本人の身分証明書)のコピー

でいいそうです。サイン証明書はいらない。が、代理人の身分証明書と住民票がいるらしい。このあたりは面倒やけどどうしようもないよね。自分の住民票取っても他に使い道ないし、こちらでは書類だけ作成して妹さんに代理人になってもらう方がいいかもしれんなって思ってます。

車庫証明取得代行始めました!

 こんにちは。10月も後半に入ってだいぶん日が落ちるのが早くなってきていますね。長雨もあってか朝晩は結構寒いくらいやし。

 行政書士事務所を法人化してから1年と半分くらい経ち、スタッフも増えてきた。うちの法人事務所は入管の仕事がほとんどなんやけど、その仕事が突然急減することも考えられる。実際、英語を使う事務所も数年前はほとんどなかったらしいので、そういった顧客層があったけど、最近は同じように英語を使う事務所が割と増えてきているらしい。

 ということもあって、入管とは別になんらかの柱を建てたいなってずっと考えてたんやけど、なかなかこれっていうのが見つからない。そもそもこれをやりたいって思ってても仕事に直結するわけもないしね。ある程度のボリュームが望めて、しかもそれほど仕事が困難ではないっていうのはなかなかないわけ。当たり前なんやけどね・・・。

 結局、薄利多売で本来はレッドオーシャンなんやけど、車庫証明取得代行っていうのに目をつけてみた。出張封印の資格も取ってるしね。取りあえず、専用サイトを作ってみたけど、どうなるんやろか。

行政書士法人BEYONDによる「車庫証明取得代行」のページはこちら

2022-10-18 | カテゴリー : 業務関係 | 投稿者 : hiro

賃借権の抹消

 こんばんは。夏至も過ぎて日差しもキツく、真夏日のような蒸し暑い日が続いている。最近公共嘱託の仕事で西新宿に行くことが多く、ついこの間までは上着を着ていたが今はシャツ1枚。さすがに上着を持ち歩く気もなくなってきている。

 事務所に戻れば、すぐに申請をしたいところではあるが、暑すぎてまずはガリガリ君に齧り付く。今年は3個目を既に消費しているくらいハイペースやから、今後のことも考えて買いだめしておこうかと思ってる。

 さて、賃借権の抹消。URの案件は底地所有者はURで、賃借権を設定して上物を自分で建てているという事例になる。で、底地を購入するところが嘱託になっていて、それだけにとどまらず、賃借権を混同抹消なりで消し込むという業務も追加でやることになる。

 普通に賃借権を設定しただけなら、その当時の登記済証を提示する必要があるが、それは一番オーソドックスなケース。賃借権を移転していることもあるし、名変をしていることもある。相続している場合もある。

 名変している場合は新たに登記済証が発行されるわけもないから、最初に設定したときのものを提供することになる。賃借権が移転しているときは、当然、登記名義人が変わってくるため、移転当時に新たに発行された登記済証を提供しないと抹消登記ができない。相続登記している場合も同じ。

 お客様にこちらからこういう書類を用意してくださいって直接言えればええんやけど、UR経由で指示が出るため、なかなかうまく伝わっていないこともあるみたい。賃借権の抹消に必要な書類のみそろわず、仕方なく所有権移転と賃借権抹消を別の日にすることになったりする。実務ってなかなか難しいね。

もうすぐ夏至

 こんばんは。もうすぐ夏至っていうことで、かなり日中の時間が長い。一番好きな季節。梅雨が続いてくれると涼しいから個人的に嬉しいけど、農作物が不作になったりするから経済的には厳しいよな。しかもここのところの急速な円安で物価の上昇が著しいし・・・。

 夏至が近づいてくると司法書士の試験も近づいてくる。残り2週間。今日明日が最後の模試ってところも多いかと思う。ここまで来たら、各予備校の先生の指示通り、捨てる分野は捨てて、今年出題可能性が高い確実に出る分野の過去問をやった方がいいかと思う。

 なんといっても午後の不登法。これはなんとなくやけど、未出が増えてきている気がするんで、できれば総論を中心にやった方がいい。電子申請とか印鑑証明とか。あんまり興味が湧かんやろうけど、出題の割合が高いからね。実務に入ると結構こっちのほうが重要やし・・・。

 実は最近、承諾書に印鑑証明書を添付する案件があって、原本還付って書いてしまった。添付書類をレターパックで送付してから、あぁそういえば還付できんかったなぁ。恥ずかしいなぁって思ってたんやけど、先週末に案の定、お返ししますって付箋をつけた「コピー」が戻ってきた。まぁ試験と違って恥ずかしいだけなんやけど、重要なことは重要やと思う。

 それとは別やけど、お客様から印鑑証明書とか住民票っていりますか?と聞かれることはめちゃくちゃ多いから、やっぱりこの手の問題は興味なくても重要と思って間違いないと思うわ。それよりも、募集株式の発行とか新株予約権の発行。こっちがちょっと知識的にヤバくなりそう。実務ではそんなに経験できんからね。

地番と住所と

 おはようございます。梅雨入りして1週間、ときどき晴れ間がのぞくが、ほぼ曇った日が続いています。暑くもなくちょうどいい季節。

 不動産の所有権変更などを申請する場合、土地や建物の所在場所と住所が求められるが、これが結構厄介。土地は通常○丁目○番となってるが、住所は○丁目○番地ってなってることが多い。委任状などにこれを記載するときについうっかりしてて同じになってしまうことがある。

 申請ソフトを使ってるから、最初に地番や住所を登録するときに注意深くやるし、既存の登記情報を流用する場合は、そもそもそんなことは発生しないんやけど、今回受任した嘱託登記は共通の書式を使うことになってて、この入力時に間違ってしまったんよね。申請自身は申請ソフト経由でやるからいいとしても、添付書類が捨て印ベタベタっていう結構恥ずかしい状態になってしまった・・・。

 さて、令和4年度の司法書士試験まで残り3週間弱。今週末は最後の模試があると思うが、受験生には最後まで頑張って欲しいですね。

本日、高田馬場で無料相談会!

 おはようございます。月曜日に梅雨入りして5日間。朝晩結構寒い。このくらいが丁度動きやすい気温やけどね。

 さて、今日の午後は高田馬場にある戸塚出張所で行政書士による無料相談会。天気が悪いと相談者はあんまり来られない印象があるが、どうなんやろう。余った時間は他の仕事をしているからそれはそれでええんやけどね。

 最近司法書士の公嘱協会の仕事が忙しい。書類を受け渡す作業があって、2日後に持ってきてくださいっていわれると、郵送で間に合うんかという問題もあって持参している。また、そのタイミングで決済日が決定するんやけど、それが結構直近だったりするんで、その日は既に予定が入ってて無理っていう可能性もある。

 決済日には書類を取りに行ってその足で申請っていう流れになるんやけど、事務所戻って、スキャンして、電子申請して、レターパックに詰めてっていう一連の作業をこなすのに1時間半くらいかかる。一応、他メンバーに代わって貰うっていうこともできるが、電子申請用に申請書準備しているからそれも難しいし・・・。

 僕が使っているソフトには嘱託登記の雛形が少なく、今回申請するのに使えるのがほとんどない。だから似たような雛形から変更していくことになるんやけど、これが結構面倒くさいんよ。自分で独自に書式を作ろうとしたけどうまくいかんかったし・・・。

2022-06-10 | カテゴリー : 業務関係 | 投稿者 : hiro