やられてしまった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。午前中家庭裁判所へ出かけていて、先ほど戻ってきました。今日は暖かいですね。春用のコートがいらないくらいです。

武漢肺炎騒動は全くもって収束する気配がありません。いつになったら収束するんやろう。こんな状況なんで出歩きたくないんやけどなぁ。でも必需品の購入や今日のような調停委員の仕事は在宅勤務できんし・・・。

東京都は他県からの流入自粛を呼びかけていますし、都市封鎖するかも知れないとコメント出してます。国も非常事態宣言はまだ出していませんが、これは一挙に出してしまうとパニックになるから小出しにして徐々に慣れさせていく作戦ではないかと勘繰ってしまいます。

さて、予定に入っていなくて調停に参加できなかったと以前のブログに書きましたが、今日はその逆でした。相調さんが欠席されてしまったんですね。調停の午前期日は10時から始まるので、通常は9時半頃から調停委員は調停室で準備を始めます。直近に当事者から提出された資料がないかをチェックしたり、前回までの内容のおさらいをしたりするわけです。

9時45分過ぎでも相調さんが出頭されなかったので、9時50分に書記官に連絡したら相調さんと連絡が取れないとのこと。たまたま別の調停委員の方が控え室湿に来られていたので事なきを得ましたが、もしいらっしゃらなければ近所の方に連絡してお願いすることになるんでしょうか。とても怖くて聞けませんが、自分も欠席しないように注意しようと改めて認識しました。またもっと早めに書記官には連絡した方がよさそうですね。

それにしても別居とか離婚とか、とてもお金がかかりますしエネルギーも必要です。男女のことなんでなかなか理性で割り切れないところも多いかと思いますが、離婚するってこんなに大変なんやっていうことを安易に結婚してしまう人たちには知って欲しいなって思います。少子化だから結婚に躊躇してしまう人が多くなるとそれはそれで別の問題もありますけどね・・・。