ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

賃貸不動産経営管理士の国家資格化

こんにちは。暑い日が続いています。

賃貸不動産経営管理士の資格が国家資格になったのは知ってたが、特に登録するわけでもないためほったらかしにした。最近メールや封書が届いててちょっと鬱陶しいなぁって思ってたんやけど、今日なんとなく読んでみたら、ちょっとビックリする内容が・・・。

国家資格者になるためには、試験合格しただけやとアカンのはそのとおりなんやけど、講習を受けたらええんやろうって考えてた。だけどよく読んでみたら、合格したままほったらかししている人は一旦登録して講習を受けんとアカンみたいなことが書かれているやない・・・。

え?って感じ。詳細がよく分からんからネットで検索してみたところ、令和4年6月までに移行講習を受講しない場合、保有している賃貸不動産経営管理士の資格はどうなりますか?ってのがQ&Aに載っていた。

そうそう、これが知りたいわけなんよ。で、回答。

現在お持ちの賃貸不動産経営管理士の資格は、「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」における業務管理者の要件を満たすことができなくなってしまい、国家資格になりません。その後の賃貸不動産経営管理士資格の扱いは、現時点では未定です。

今、登録して講習を受けんと、将来は試験合格者であっても救いの手がないってこと?なによそれ・・・。「現時点では未定です」って言葉に淡い期待を寄せてほったらかしのままにするか、そんなのに期待するなんてことはせずにお金払って登録するかってことになる。

来年の6月まで猶予期間があるからじっくり考えるかな・・・。登録することはないやろうけどなぁ・・・。

土地と建物の所有者が異なる問題

こんにちは。8月になった。法人設立して3ヶ月経過した。もうすぐ暦の上では秋。光陰矢のごとしとはホンマよく言ったもんや。まったくあっという間や。

武漢肺炎がはやりだしてもう1年以上経つけど、収束する気配はない。先週なんとか1回目のワクチン接種できた。世間でいわれてるほどひどくはなかったけど、まだ腕が少し痛い。これ3週間後と来年も同じ様なのを打たなアカンのかって考えるとなんかイヤやな。

さて、今日は土地と建物のお話。土地がお父さんの所有で、建物がお母さんの所有っていうケースがたまにある。たぶん購入するときの費用の問題やと思うんやけど、これ相続が発生したときに結構問題をはらんでる。

母親が先になくなり、一緒に暮らして面倒を見ていた二男が建物を相続することにしたとする。二男が修繕費用の一部とか出してたりすることもあって、こういうケースってよくあると思われる。このとき建物と土地の所有者が異なっているから土地の使用貸借があると考えられる。

お父さんが亡くなった後、土地を兄弟で相続することになるが、前回は一緒に住んでいるって理由(と建物の価値は低いという理由)で弟に譲った長男も今回は譲らない。こうなってくるとAB共有土地の上にB所有の建物が乗っかってる状況になる。なんか法定地上権の問題みたいやな・・・。

まぁ二男が長男相続部分を買い取ってくれたら問題ないんやけど、なかなか買い取れる金額やない場合も多く、問題が発生する。

ところで、土地の上に建物を建てた場合、その土地は誰の所有物なのかっていう問題がある。法律を学んだものにとっては「何初歩的なことを言ってんの?」って感じなんやけど、一般の人々にとってはそうでもないらしい。どうも建物を建てた人は、その下にある土地もなんとなく自分のものになってるという認識を持つらしい。そこまで強い認識やなくとも建てた者勝ちみたいな認識はありそうなんよ。つまりどうしようもないやろっていう開き直りっていうか。

法律的には、建物をジャッキアップして別の土地に移してくれたら問題ないんやけど、実際問題そんなことは不可能やから、建物を明け渡して更地にしてねってことになるかと思われる。

話が逸れてしまったが、二男に土地を買い取る財力がなく、話し合いでも解決できなかったら裁判沙汰になる。実際どういう落とし所になるかは直接知ってるわけやないが、収去して土地とセットで売却するってことになるんかな・・・。資力が無い場合は買い取らせることにはならないといわれてるしね。買い取らせるってことにしても、実際実行できんかったらそれこそ争いの蒸し返しやからな。裁判所としては、まぁやらんよな・・・。

身内に多重債務者がいる!

こんばんは。先週末に梅雨が明けて以降猛暑が続いている。出歩きたくない暑さやから少しはましになるか思われるが、相変わらず感染者は増えており、武漢肺炎は猛威を振るっている。

オリンピックもいつからスタートするのか知らんけど、もはや中止になることはなさそう。興味はとっくに無くなっているが、オリンピックのせいでさらに感染者数が伸びて、緊急事態宣言が延長されるのは勘弁して欲しいなぁ。

前置きが長くなってしまった。今日は多重債務のお話。先日、裁判所から通知が来たので、どうしたらいいか迷ってしまって電話をかけてこられた方がいる。時間が無かったので電話では詳細を聞けず、その後時間があるときに事前に検討しておこうと思って想像を巡らしてみた。娘さんが借金をしているとか、していたとか言ってたから、裁判所からの通知なら、まずは支払督促か、差押、仮差押ってところやろう。まさか民事訴訟は無いはずやしね。

実際にお会いして、裁判所からの通知を見せていただいたら差押の取下げ。3年ほど前に給与債権を差押えたが、なんとか回収できたので取下げたと考えるのが一番合理的な感じがする。いずれにしても悪い方向やないことをお伝えした。ただ他にも債権者がいるようなことを仰っていたので、遠くない将来に同じ様なことが起きるとも限らん。

多重債務者の対応をする場合、まずはなんに使っているのかを調べる必要がある。パチンコなんかのギャンブルとか酒、あるいは高価なものを欲しがるとかって先入観があるけど、一番大変なんは「生活費」。普通に生活していても足らんから借金してしまう。どのくらいの生活水準かわからんけど、他人から見ても贅沢していない感じやのに生活費が足らんから借金せざるを得ない。これはメッチャ大変なことや。一旦、借金をなくしても元に戻るんは目に見えとるからね。こういう場合は生活保護とセットに検討せんと生活の再建もままならん。

そしてもっとも重要なことは、やっぱり本人さんが生活を再建したいって思うこと。いくら周りがそう思ってても、本人が思わんとどうしようもない。いい年した人間やからね。いくら親兄弟といえどもそれは超えられんのよ。できることっていったら手を替え品を替え説明し説得することだけ。実はここが大変やなぁって思ってる。

2021-07-19 | カテゴリー : 業務関係 | 投稿者 : hiro

夏にモーツァルトを聴く

おはようございます。昨日は夕方にものすごい通り雨があった。スコールのような感じとでもいうんかな。夕立といえば夕立なんやけどね。

さて今日はまったく仕事にも試験にも関係が無いモーツァルトの音楽について。モーツァルトってベートーヴェンと二分するくらいの人気がある。ベートーヴェンのピアノソナタとかはええなぁって思うが、交響曲は個人的にあんまり好きやない。なんというか激情的っていうか叙情的っていうか、日本語でわかりやすくいうと演歌のコブシをきかせるっていう感じが好きやない。

ええなぁって思うのは、楽譜に置かれた音符を恣意的に伸ばしたり短くしたりせず、あくまでも機械的に演奏する。その単調ともいえるリズムにも関わらず、感情を揺さぶるメロディー。それが好き。バッハとかモーツァルトがそういう音楽なんらしいけど。古典的な中でも古い部類なんかな?

あくまでも淡々と。それでいてそれを並べてみるとものすごく美しい。演奏家の出る幕はなく、あくまでも作曲家の才能がそのまま現出される。まるで素数を並べると美しい音楽を奏でるかのような感じがとても心地ええ。数学的な美しさがあるんかも知れんね。

モーツァルトの交響曲ではジュピターが好き。まるで宇宙にいるかのような荘厳な感じがする。魂が重力から解き放たれたかのような感じがする。これがニュータイプって奴なんかも知れんね。因みに重力が無かったら知性は発達しないらしい。

いずれにしても演奏は淡々とテンポ良くやって欲しいなって思う。

2021-07-12 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : hiro

令和3年度 司法書士試験その後

おはようございます。昨日はめちゃめちゃ暑かった。梅雨ももうすぐ明け、猛暑の夏がやってくる。今年もマスクは外せんし、まったくイヤな季節やなぁ・・・。

さて、司法書士試験から1週間経過し、各予備校の分析会も行われてます。TACの姫野先生のしか見てないんやけど、午後不登法は相当厳しかったみたい。実際に受けてたときも、なんやこれっていう感じやったけど、やっぱり過去問で解ける問題が少なかったんやね。

基準点は21点とか22点とか。あれに時間を取られて記述に時間を回せんかった受験生も多かったかも知れん。午後の試験、特に不登法の記述は1時間以上掛かるんやから、ええ加減時間増加するとか、択一と記述を分離して欲しいわ。択一が1時から2時半までの1時間半。記述が3時から5時までの2時間とか。記述のみ2時間ってのも厳しいか・・。

相続による登記が義務化されるってことで、司法書士受験生は増加に転じてるみたいやけど、実際に仕事増えるんやろうか・・・。今までほったらかしにしてたのが顕在化して特需は発生するかも知れんけど、落ち着いた後はどうなんやろ。ほったらかし不動産の場合、相続人の調査っていう邪魔くさい作業があったが、それが仕事のネタになっていた部分もあるしね。過払い金と同じ道を辿るんとちゃうかな。

前にも書いたけど、改正論点を押さえておくために資格者向けの講座とかやってくれんかなぁ。でもお金払ってまで受講する方いないのかもしれんね。でも個人的には主要4科目は受講したいなぁって考えてるんやけど。山本先生か松本先生のテキスト買うくらいになるんかなぁ。